HOME>トピックス>提供を受けたい人の特徴と検査項目や謝礼金について

提供を受けたい人の特徴とは

カウンセリング

卵子提供を受けたいと考えている方にはどんな特徴があるのかというと、まず挙げられるのが加齢によって卵子が老化したからです。他にも早発閉経などによって卵子の採取が困難になってしまった方や先天的な病気による卵巣の異常がある方、がんや腫瘍などによって卵巣を摘出してしまった方などが挙げられます。

卵子バンクに登録しよう

卵子提供をしたいと考えているのであれば、まずは卵子バンクに登録する必要があります。卵子バンクを行っている団体のホームページにアクセスして、登録フォームに必要事項を記入すれば登録することができます。ドナーファイルに登録が完了したら、必要に応じてクライアントから依頼がきます。クライアントからの依頼を受け、承諾したら国内で必要な検査を受け、パスポートや身分証明書等を用意しておきます。その後、クライアントのいる国へ渡航し、排卵が完了したら帰国になります。

謝礼金と検査項目について

卵子提供をして帰国した場合、立て替え費用と一緒に謝礼金を受け取ることができます。謝礼金は60万円程度が相場となっています。卵子提供を決定した場合の検査項目は、B型肝炎感染やC型肝炎感染、HIVや梅毒、クラミジアの検査などです。他に卵巣刺激ホルモンや黄体化ホルモンなどのホルモン値の検査などを行います。これらの検査費用も卵子提供が完了してから立て替え費用と一緒に受け取ることができます。

広告募集中